イノムジカ=エタノールのブログ

イノムジカ=エタノールがなんか言ってるブログ。テーマは趣味のことやあるトレンドに対する反応やら考察やらが主かな。

理想のJASRAC

なんか今日、星野源の「恋」の音源使った動画が削除勧告出されてツイッターでトレンドになってましたね。

 

私も会社の余興で動画参考にさせていただきました。詳しい恋ダンスの動画ありがたや。

 

とはいえ、音源使われたらレコード会社はたまったものじゃないんですね。一番くらいだったら音源買って聞かなくてもいいわけですからね…

 

ここで考えるんですが、やっぱりJPOPなんかにおいても著作権の感覚ってみんな喪失してるんですよね。たぶん企業と一部の人しか著作権関係の申請をしてないし、なんかめんどくさそう…無断で使っちゃえってのが現状です。

 

今回の削除要請はJASRACによるものではないのですが、やっぱり権利関係でパッと思い浮かぶのはJASRAC

 

どこかの学長のスピーチで権利料を請求しようとしたことでも話題ですね。

 

ってことで「今回の恋ダンスの削除要請のような自体に備え」「JASRACのような団体になにができるか」を考えてみました。(今回の件にはJASRAC関係ないですけどね!)

 

今のJASRACの悪いところ

・BGMなどとして音楽をかけられないほどの規制

・作者にどれだけお金を返すかがクリアじゃない

・基本的には揚げ足取りの形式。

・活動が警察チック。

 

 

理想のJASRAC

・動画サイトと提携し投稿者が楽曲等を使う場合は広告収入の一部を作曲者等に返還する

・上記のシステムが使えることを斡旋する

・何%がアーティスト利益になるかを正しく開示する

・権利者の許可次第では使用料を免除する(プロモのためラジオで流すときなど)

・作者の楽曲使用条件を明示しコンテンツを既存すると考えるものに注意を促す

 

 

って感じですね。

 

ようは違反を探す!ではなくて音楽を流す、それで一般の人にプロモーションしてもらうことを促すことが今の動画社会では重要かなー、と。

 

そうすればJASRACさんもお金が入るし、アーティストも曲知ってもらえるし、動画投稿者もいろんな素材が使えて表現が広まるし幸せになるのかなーなんて思います。

 

とにかく正しく音楽を流すために制度が整うといいなあ…

 

ってことで今日の記事でございました。