イノムジカ=エタノールのブログ

イノムジカ=エタノールがなんか言ってるブログ。テーマは趣味のことやあるトレンドに対する反応やら考察やらが主かな。

社会人実家暮らしのメリット&デメリット

昨日まで、連休ってことで実家に帰ってました。

 

実家は確かにゆっくりできるのですが、全く落ち着かない。

 

朝起きると朝ごはんの心配され、昼近づくと昼ごはんの心配され、その後夜ごはんの心配される。

 

そしてその日したことは、報告しろというプレッシャーが与えられます。報告しなくてもいいんですけど、「何やってたって勝手だろうよ!」と言うのは乱暴です。嘘でもいいから何をしていたかは言わなくてはならない。

 

一人暮らしを始めて約1年半過ぎたとこなんですが、やっぱり一人暮らし始めて良かったと思ってます。とはいえ、実家はメリットもありますけどね。

 

ということで、社会人実家暮らしと一人暮らしを両方経験した立場から、実家暮らしのメリットデメリットを、まとめてみたいと思います。

 

1.実家ぐらしのメリット

・お金はやっぱり貯まる

お金は貯まりますね。実家ぐらしと一人暮らし比べると、1ヶ月の貯金額にして給料×0.25くらい貯金できる額は変わってきます。家にお金入れるとしても、ある程度は貯められるでしょうね。機械とかゲームとかCDなんかも不自由なく買えてました。

 

・上司くらいの年齢の気軽に話せる人が近くにいる

やっぱり会社だけだと上司の考えとかそれに至る時代背景ってのはやや読みにくいですね。そのくらいの年代の話しやすい人、つまり親世代が近くにいるとジェネレーションギャップが原因となる悩みにおいては解決策を一緒に考えることなどもできます。

 

・保険や貯金などの制度、各種税金手続き、冠婚葬祭等の経験が自分よりある人が近くにいる

大人になって触れるようになる制度やイベントはやはり多いです。インターネットだけだとどうしても限界あるので、実際に経験した人から話を聞けるのは大きいですね。

 

・家事が共有、一任できる

料理や洗濯などは、人にもよりますが分担が可能です。料理も一人分ずつ作るよりはみんなの分作ったほうが効率がいいので合理的です。洗濯などもそう。母に任せっきりな家庭も多いかもですが、分担したとしたらかなり効率的です。また、残業が不定期な場合、早く帰った人が家事できるわけなので、遅い人は助かります。

 

・急な病気などには対応しやすい

送り迎えや看病などはどうしても一人だと限界があるので、やっぱりしてくれる人がいるのはいいでしょう。また、家族の急な病気などのお見舞いや買い出しなんかも頻繁に行けます。

 

 

2.実家暮らしのデメリット

・ライフスタイルが合わないことがある

ライフスタイルが合わないとズレが生じてしまい、時間のロスやストレスの原因となったりします。

自分ではいいことをしたつもりでも、非難を受けたり、口出しをされたりしては、どうも居づらいです。

また、朝起きる時間や何食べるか、どういう服を着てくか、趣味として何やるか、などほっとかれることもありますが、干渉するタイプの親もいます。

 

・食の好みが合わないことがある

食の好みが合わないことがある、というのは大きかったですね。私も偏食多いんですが、父も偏食多いので材料に気を使わなくてはなりませんし、和食が好きか洋食が好きかなんてのでも変わってきます。あと、父はご飯はシメに食べる派なのでごはん物はNG…母は油っこすぎるものNGなどなど、もう好みが合わなくて大変でした。この前の記事で書いたとおり炭水化物制限してるんですけど、朝昼米を食わなかったから、という理由でご飯を2杯分盛られたり、変なルールがあったり…ってのもあるので、やりづらいところはありました。

 

・自信喪失

親がなんでも先回りしてしまうと、自分は何もできない…と自信を喪失してしまいます。料理は辛うじてやらせてもらっていたものの、洗濯や皿洗いなどは実家にいるときは一切させてもらえませんでした。下手なので。あとは旅行の準備なんかも、すべて荷物をチェックされる次第でした。ここまでされると、確かに有難くはあるものの、自分は何もできないのかも…みたいな感情も出てきました。自分のことが自分でできることは当たり前ではあるんですが、自信にも繋がります。

そのために一人暮らしをするのは、選択肢としてはかなり有りかもしれません。

 

3.こういう人は一人暮らしをしよう

・子離れできない親を持つ人

絶対に一人暮らししましょう。親がなんでもしてしまうのは、本当に離れでもしないと直りません。そして、いつまでも子供の状態で置かれるというのは自分にとっても良くないです。さきほど言った自信喪失にもつながってしまいます。

 

・一人暮らしをしたことのない人

とりあえず1回離れてみましょう。どちらがいいか選択する材料は絶対に必要です。あとは、一人暮らしした時の親の反応とか、金銭管理とか、そういったものを得るために体験一人暮らしするなんてのもありです。まずはプチ家出や1週間ホテル暮らしぐらいから。

 

4.こういう人は実家暮らしアリ

・親が干渉しない

親が干渉しないような家庭なら、上記のような問題は少ないでしょうし自尊心も保たれます。親が子離れ出来てるなら、一人暮らしも実家暮らしもそんなに変わりません。

 

・経済や介護の関係

これは致し方ないです。どうしても実家にお金を送るだけではダメで、人手が必要なこともあります。特に介護が関わってくると、施設にあずけるとお金が、家で見ると労力がかかります。老老介護なんてのもあるので、状況によっては仕方ないです。

また、奨学金+車ローン+家賃というようにいろいろ払った挙句残り金額が少ない、という人もどれか終わるか、給料が上がるまで待つしかないでしょう。困窮を知るのは重要ですが自由を犠牲にしてまでは…という感じです。

 

 

 

判断基準としては、小学校のときの親子関係と社会人になってる親子関係が変化してるか?ですね。変化してなければ、一人暮らしした方がいいと思います。もしルームシェアwith親くらいの距離関係がとれてれば、実家暮らしはアリです。もちろん経済や介護などの問題はありますが、その点をクリアしてるなら親御さんのために一人暮らしするのは十分にありだと思いますよ。

 

 ということで、実家暮らしのメリットデメリットでした。